マーケティングに必須のWebプロモーションに関する知識・ノウハウを、ラジオ・書籍・セミナーなど様々な形で発信する田中千晶(たなかちあき)のBIOGRAPHYです。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム

視野を広くしていくべき

ブログ

2019-07-17


私は目がものすごく悪いのですが、コンタクトをつけている時と、メガネをつけている時と物理的な視野も違うと感じています。

コンタクトの時は人が変わったかのようにポジティブになれる気がするんです。 基本メガネの印象が強いかと思いますが、コンタクトをつけている時は講演時やランニングなど運動している時が多いです。
インターネットの世界はパソコンに向かって狭い視野で集中するため、「本当に自分のやりたい仕事なのか?」「本当に自分が関わりたい人なのか?」「サービスとして適切なのか?」などメガネをつけてパソコンに向かっている時にSNSなどで見ていると全てがフラットに見えてしまい判断を誤ってしまうことがあることに気づきました。

今ちょうどツイッターでとある募集をかけているのですが、今まで全くあったことのない人たちから連絡が来るようになりました。
それが善い悪いということではなく、コンタクトをつけていないと見落としてしまうような些細な気づきがあることがわかりました。

感覚的な部分となるので、ちょっと説明が難しいですが… コンタクトをつけている時のように視野を広く、正しい判断をできるように進めていきたいと思っています。

元々スポーツをやっていたこともあり、個人的には広い空間が好きです。 集中できるかもしれませんが、狭いところで窮屈になると判断を誤ってしまう傾向が少なからずあるのだと思います。
月に1回、休みの日に卓球をやっているのだが、数十年ぶりに再開してだいぶ体も動くようになってきたし、考え方も随分とポジティブになってきたように思えます。
いつもコンタクトをつけている時のような感覚で動いていきたいと思います。

関連記事

PAGE TOP