マーケティングに必須のWebプロモーションに関する知識・ノウハウを、ラジオ・書籍・セミナーなど様々な形で発信する田中千晶(たなかちあき)のBIOGRAPHYです。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム

グラングラン課外授業 2018/05/09

2018年

2019-03-06


2018年5月9日(水)10:00~17:00に課外授業と題しまして、セルフブランディングとその活用術を学ぶ講座で登壇いたしました。場所はスペイシー浜松町です。

FacebookをはじめとしたSNSの特徴や、ファンの心をつかむ記事の書き方などもお話しさせていただきました。

―SNSが大きな力を持つ現代

いまやスマートフォンがあたりまえの現代、「SNSをうまく使いこなす人が勝つ(人気が出る、稼ぐ)」と言われるほどになってきました。

新卒採用試験や、面接での判断材料にもなりつつあります。少し前では考えられませんが、今や常識となってきているのです。

それだけ普及しているSNSで、投稿する際にセルフブランディングを活用することで、より効果を高めることができます。

◼️セルフブランディングとは?

全く無名の個人が、会社や組織の肩書に頼らずに「自分のブランド」を作り出し、ビジネスの成果に結びつけることを言います。

自分を商品化して相手の目線に立ち、求められているものはなにか?を徹底的に分析し、自分広告を練ることができれば、自ら売り込まなくても仕事のオファーが舞い込んでくる、というフローが成り立ちます。

◼️まずは「自分ブランド」を見つけ出すことから

まずは「得意なこと」「好きなこと」を洗い出して、自分がどこに向かおうとしているのかを確認します。

「将来なりたい自分」を想像し、それが実現した際のプロフィールにかかれているべきこと(将来みんなに思われていたいイメージ)のリストアップをします。

そして何か一つでも「人に教えられること」を持つようにしましょう。

経験や能力が断片的に散らばっていて強みが見出しにくい人は、それぞれの断片から共通項を抽出し、点のように散らばった経験や能力を「だいたいこういう分野」という線にしていく作業が効果的です。

それがたまたまではなく、現在のあらゆる場面でも発揮できる「再現性のあるスキル」なのであれば、得意ドメインであるといえるでしょう。

そしてその強みがターゲットとなる市場はどこかを考える=それは誰の、何の役に立つのかを考えます。   

強みが勝てる土俵を見極めることが、セルフブランディングの成否を分けるポイントとなってきます。

◼️自分と向き合う時間

今回の講演では、皆さんに考え、文字にしていただく機会がたくさんありました。

なかでも皆さんが夢中になって取り組んでいたのが、「自分年表」と「自分ビジョン」という課題でした。

各々書き出した後に、グループで話しあい、できる限り自分を掘り下げていただきます。

そうすると、「気づかなかった自分ブランド」に出会えた方がほとんどでした。

自分ではなんでもないと通り過ぎてきた人生も、他者からしたら興味深い個性になり得るのです。

そういった個性をどのようにしてSNSで発信し、いかに興味をもってファンになってもらえるかを知ることがカギとなります。

◼️SNS上での成功活用法

SNSを利用してセルフブランディングを成功させるには、自分の想定したターゲットに対して、役に立つ情報を発信し続けることが必須となります。

写真を活用したり、独自のキャラクターを作り出したり、その方法はたくさんあります。

-写真は必須

写真は、すべての投稿でアップするのがおススメ。テキストだけの記事閲覧率は、写真付きの記事よりも大きくその数字が低減することが、リサーチの結果で明らかになっているからです。

投稿する際は見る人が不快に思わず、共感や理解をしてくれそうな内容であれば全てOKという認識でいましょう。

-画像は統一する

一口にSNSといってもたくさんありますが、それぞれのツールでばらばらの名前や画像を使っているとユーザーに同じ人だと認識してもらうことができないので、共通のものを用意して使うようにしましょう。

また、イメージダウンにつながるような写真はNGです。そのせいで一気にファンが減少する危険があります。

拡散力のあるSNSだからこそ、どうしても炎上のリスクは避けられません。写真選びは慎重に行う必要があります。

-継続することがミソ

発信・更新は毎日行い、習慣化、スピード、新鮮性を心がけることが成功のカギとなります。目まぐるしいビジネスの環境変化に敏感に対応している自分をアピールし、それを伝えることで信頼度は深まります。

役立つ情報を発信し続けることで、「この人は信用できそう」と思わせることが肝心です。

◼️最後に

今回ご参加いただいたみなさんは年齢層が低く、すでにSNS利用歴のある方がほとんどでした。

皆さんとても個性豊かで、様々な分野でご活躍されています。ですが文字に書き起こすまで、自身のセールスポイントを見逃していたり、気づいてはいても、実際それらをどう表現したらファンを獲得できるのか、までには至っていませんでした。

講演では各SNSの特徴をはじめ、反応してもらいやすい記事の書き方や写真の載せ方などをご紹介。

それらを踏まえて、ワークシートを利用して投稿用の記事を書いてもらったり、自分年表を作ったりと、

しっかりと活用できるように個々へのアドバイスも交えながら身につけていただきました。

やはりSNSへの関心や興味が高い年齢層。合間の休憩時間には質問する方の行列ができるほど大盛況でした。

ご参加いただいたみなさんには、今までよりもSNSをフル活用して、更に活躍の場を広げていただければ幸いです。

関連記事

PAGE TOP