マーケティングに必須のWebプロモーションに関する知識・ノウハウを、ラジオ・書籍・セミナーなど様々な形で発信する田中千晶(たなかちあき)のBIOGRAPHYです。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム

SNSにおけるセルフブランディングの成功活用方法

セルフブランディング

2019-02-15


2)SNSにおけるセルフブランディングの成功活用方法

単にSNSで「じぶん」のことを書けばいいというものではありません。
また90%の人は「自分をこう見せたい」という思いばかり先行してしまい、「私は」で始まる売り込みに力を注いでしまいがちです。

ここでSNSにおけるセルフブランディングの成功活用方法のポイントを6つお伝えします。

①自分の想定したペルソナに対して役に立つ情報を発信し続けること
ブログとFacebookから始めるのが一般的ですが、商品、作品の画像を見せたい方はインスタグラムも効果的です。
その際、それぞれのツールでバラバラの名前やイメージ画像を使っているとユーザーに同じ人だと認識してもらうことごできないので、共通のものを用意して使うようにしましょう。
自分のスキルや知識を用いて、あなたの想定したペルソナの役に立つ情報を発信します。「私すごいでしょう」というような自己満足の文章に陥らないことが重要です。
ここで注意してほしいのは、仕事だからと言って商品の紹介や告知の発信ばかりにならないということです。お役立ち情報、専門知識や自分の日常、素直な感情など人間性が伝わる記事も含めることで親近感や信頼が生まれます。

②セルフブランディングに成功している発信者の共通する特徴
・好奇心が強い
・行動範囲が広く、公私共に旅に出る機会が多い
・新しいモノが好き
・活字中毒
・交友範囲が広く、公私の切り替えが上手い
・部下との交流も厭わない
・SNSを活用している
結局、何事にも前向きで先進性、新鮮性を好み新しいことにチャレンジしてゆき、スタートアップ当初は自分自身を売り、顧客との信頼、関係性を構築することがまず大切です。

③写真の活用
投稿はすべて写真付きでアップすることをオススメします。
なぜならテキストだけの文字情報の閲覧率は写真付き記事よりも大きく数字が減少するというリサーチの結果として明らかになっています。
日々の活動、仕事現場の風景、商品やサービス、自分をアピールできる題材ならなんでもOKです。
ただし、閲覧者が不快感を感じたり、ブランドの棄損に繋がるような写真はNGです。SNSのリスクとして炎上は払拭できません。従って写真選びも慎重に行うことが肝要です。

④自分の個性=キャラクターの設定と表現
とにかく人とは異なる自分の個性=キャラクターを表出してください。
キャラクターを表出する方法としては、例えば書評や映画評、ビジネスに関わる成功例自分の考え、仕事以外の趣味などをテーマにコラムを執筆する感覚で投稿を公開することをオススメします。

⑤発信・更新は毎日、定期的に常に新鮮なネタを提供すること
・習慣化
・スピード
・新鮮性
この3つを意識した記事の更新が重要です。
ビジネスの環境は日々刻々と変化します。その変化を敏感に対応している自分を表現しそれを伝えることで信頼は醸成されます。

⑥企業では経営者をパーソナルブランディングすること
企業の顔は経営者です。
経営者をパーソナルブランディングすることで企業のイメージがアップし売上が増加します。外見は中身の反映と言われています。
生活習慣の乱れや自己管理できていない性格などを現してしまうのです。見かけがビジネスに大きく影響すると言われています。

以上の点を参考にSNSで じぶん を表現してみてください。

関連記事

PAGE TOP