マーケティングに必須のWebプロモーションに関する知識・ノウハウを、ラジオ・書籍・セミナーなど様々な形で発信する田中千晶(たなかちあき)のBIOGRAPHYです。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム

ツイッターについて

ブログ

2018-12-07


 

ツイッターの使い方について、改めて考え直すことが多くなってきました。
企業の社長様のツイッターコンサルの案件をいくつかいただいており、そこでの気づきや学びが多いからかと思います。
ツイッターのそもそもの機能として短文で意見を投稿することができます。
しかし、制限された文字数の中で意見を投稿するには、文面が短すぎるのではないか?と感じることも多々あります。
意図が伝わらなかったりするのです。
よくツイッターでは「炎上」という状態を目にします。
なぜ「炎上」するのか?もちろん「炎上商法」と言ってあえて炎上させてバズらせるという方法もありますが、
その根底にあるものとして傷ついたり苛立ったり…と変な感情が湧いてしまうのではないかと感じます。
色々と調査を行うにあたり、ZOZOタウンの社長さんやダルビッシュ選手の投稿を見ていて気づいたことがありました。
いがみ合うツイートも目にしましたが、人の上にいけばいくほどそういう辛辣なコメントもあるのかもしれません。
しかし、本来のツイッターの目的は「それを呟いた時に相手にどう取られるのだろうか」など客観的に考えてツイートするべきなのでは?と改めて感じました。
実際に仕事などで使っている人も多いですが直接会って言えばいいのでは…と思うことも多々あります。笑
ツイッターはあくまでツールの一つであり、
オフライン・オンライン、どのツールを持って人とうまくコミュニケーションを取って行くのか、もしくはセルフブランディングを行なっていくのかを「使い分けること」が大事なのではないかと思います。

関連記事

PAGE TOP