マーケティングに必須のWebプロモーションに関する知識・ノウハウを、ラジオ・書籍・セミナーなど様々な形で発信する田中千晶(たなかちあき)のBIOGRAPHYです。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム

ひとたらし

ブログ

2018-10-25


 

久しぶりに仕事以外で友人と話をする機会があり、最近の出来事を報告しあったり、感じたこと思ったことを話したりと女子トークを楽しんでいたのですが、いつも彼女とは最後は少し哲学的な話になったりします。
「人たらし」になるように心がけているのよ、と友人がはなしだしました。
「人たらし?」・・一体どういう意味なのかと尋ねると
「人を良い気分にさせると、場は明るくなって必然的に自分も良い気分になるでしょ?でも、人を良い気分にさせるには、相手のことを褒めたり、話をよく聞いて理解したり、相手に気遣ったりと、相手を思う気持ちがないとできない事ばかり。相手のことを理解する必要もある。そうすることで相手とさらに深く、ポジティブな関係を築いていけるようにもなる。お互いが良い気分になれるのであれば、私は人をどんどん良い気分にさせていきたいし、そこから生まれるものって絶対ポジティブなものだと思う」とそう話していました。
彼女は自分の意思がとてもハッキリしているので、誰にでもそうするというわけではなさそうなのですが(笑)、彼女の心がけは私もとても共感できるところがありました。
ただ単に相手の顔色を伺って相手に合わせるのではなく、相手と深い関係を、より良い関係を築くために「相手のことをよく知り、お互い気分が良い関係になる」これが彼女の言う「人たらし」という意味なんですね。私はつい人の顔色を伺ってしまったり、相手を自分の物差しで測ってしまう癖があるので、彼女の言う「人の気分を良くさせて、自分の気分も良くなる」という物差しで今後は考えていくのも良いのかもしれない、そう思いました。

関連記事

PAGE TOP