マーケティングに必須のWebプロモーションに関する知識・ノウハウを、ラジオ・書籍・セミナーなど様々な形で発信する田中千晶(たなかちあき)のBIOGRAPHYです。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム

お客さんを呼ぶ広告文のつくりかた 〈リスティング広告のコツ〉

出版

2015-01-27


リスティング広告で成果を上げるのに大切なのは、検索キーワードごとに広告のアプローチを変えることです。自社のホームページやオンラインショップのお客様を増やしたい場合、低予算から始められるリスティング広告を出すのはひとつの手です。しかし、ただ出せばお客様が増えるというわけではありません。

 

今回は、リスティング広告を作るときの基本と効果を生むためにやるべきいくつかのことを紹介します。

 

リスティング広告では、「指名ワード」と「非指名ワード」を分けて考えるのが鉄則です。お客様は自社のことを知っているか知らないか、それぞれに対して別のアプローチをするのです。2つ目の鉄則は、選んだキーワードから検索者の気持ちを想像して、ターゲットを明確にすることです。リスティングは、1回作った広告をそのまま出し続ければよいというわけではありません。

 

効果測定をしながら、より効果の高い広告の作成・費用の配分を行いましょう。

 

続きはこちら▼

https://bindcamp.digitalstage.jp/marketing/promotion/3487

PAGE TOP