マーケティングに必須のWebプロモーションに関する知識・ノウハウを、ラジオ・書籍・セミナーなど様々な形で発信する田中千晶(たなかちあき)のBIOGRAPHYです。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム

【セミナーレポ】現代消費者動向に合わせた収益に結び付けるクリエイティブとマーケティング活用術/2013.08.10

2014年

2013-08-10


現代消費者動向に合わせた収益に結び付けるクリエイティブとマーケティング活用術

 

制作会社のこれからの有り方

  • 現代消費者動向を見据えた制作
これから必要とされる制作会社は、新たな技術を身に着けて、ユニークなものを制作するだけではなく、経営に関わる目線で「価値を感じてもらえる制作物は何か」を考え、構築できる会社です。これは中小企業支援に特化したことではなく、大手企業支援を行っている制作会社も同様です。不景気の世の中で、企業が求めているのは、存続していく為に本質的に必要になる「収益に結び付ける価値ある制作物」です。
収益に結び付ける価値ある制作物を提供するには、「現代消費者動向に合わせた収益に結び付けるクリエイティブとマーケティング」とはどのようなものかを理解しておく必要があります。

「収益に結び付けるクリエイティブとマーケティング」5つの施策

  • O2O(オーツーオー)

オンライン上で消費行動を完結させることが今困難になってきています。そこで、 オンライン広告で露出し興味をもってもらい、リアルイベントに参加してもらう事で消費行動を促します。この時、制作者はオンライン上の制作物とオフライン上の制作物に相関性を持たせる必要があります。

  • 多種類のWEB広告活用
今までは、検索エンジンを中心に購入に至ることが多かったのですが、現代ではソーシャルメディアやメディアサイトからのサイト流入が増え、検索以外の流入から収益に結び付く事が多くなりました。
このため多種類のWEB広告を活用して、潜在的な顧客を獲得することが必要となり、制作者は、検索エンジン広告だけではなく、その他WEB広告も視野にいれて制作物を提供する必要があります。
  • コンテンツマーケティングを考慮したサイトの構築
デバイスの多様化、メディアの多様化、Googleの変化などにより、小手先のテクニックではなく、コンテンツが重視されるようになりました。ブログ、ブログ以外のコラムや連載、ソーシャルメディア、メルマガ、同梱物をツールとして活用し、それぞれの顧客段階で有益な情報を配信することで信頼を獲得します。制作者は、顧客の消費行動に合わせたコンテンツをブログ、ソーシャルメディア、メルマガ、DMなどで提供する必要があります。
  • リピート対策
今までは、どの企業も新規顧客を刈り取る事に尽力していましたが、競合他社の増加や、消費者動向の複雑化により、顧客育成が重視されるようになりました。メルマガ、コミュニティサイト、同梱物、DM、ソーシャルメディアをツールとして活用し、顧客を優良顧客まで育成し囲い込む事で収益の最大化を図ります。制作者は、顧客を増やすため、リピート対策を意識した制作物を提供する必要があります。
  • ブランディング
ブランディングとは、「顧客の頭の中に形成されるイメージのことです。ブランディングされている事で、消費者は安心して消費行動を行えるようになりました。制作者は、顧客を囲い込むため、ブランディングを意識した制作物を提供する必要があります。

ただ作るだけではなく、多くの視点を持ち収益化に結び付ける

予算が減ってきている企業が増加している現状、クリエイターに求められるのは、「経営に関わる収益に結び付く価値ある制作物(コンテンツ)」です。複雑化している消費者動向を理解し、どのような視点で制作するべきかを見極める力が必要なのです。
よく、弊社にも「Facebookなどのソーシャルメディアを利用すれば売り上げを増やせま すか?」「SEO対策を行えば、来店促進ができますか?」とお問い合わせを頂きます。しかし、弊社ではNOと答えます。上記でも述べましたように、現代の消費者動向は複雑化しており、O2O(オーツーオー)、WEB広告はSEM以外も活用、コンテンツマーケティングを考慮したサイトの構築、リピート対策、ブランディング、と多種の視点を持ち施策を行う必要があります。
弊社では単に制作物を提供するのではなく、企業の収益に結び付く最終ゴールを 視野にいれて提供しています。もし、ご興味を持たれましたら、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

PAGE TOP